デンカビックスワンスタジアム近く! 新潟駅南口より車で10分 駐車場駐車場 無料相談受付中!! 平日9:00〜18:00 0120-339-103

0120-339-103

メール予約はこちら!

新着情報・最新の解決事例

2020.10.22

相続税の申告

複数農地の相続税評価方法についてのご相談ケース【農地の相続税評価】

ご相談状況

先祖代々農家をしていらっしゃる方でした。農地を多数所有していらっしゃいましたが固定資産税の支払額は大きくないので、評価も低いだろうとお考えでした。しかし、近隣では多額の相続税を支払ったという話も聞き、相続税の計算の際、農地はどのように評価するのかを知りたいとのご相談でした。

新潟相続税相談室からの回答

農地は、政策上、固定資産税などは比較的低く抑えられていますが、評価対象の土地の所在地によって、予想以上に相続税評価額が高額になる場合があります。

農地は、農地法などの法律により、宅地への転用が制限されております。

また、都市計画などにより地価事情も異なるため、相続税の計算上、農地を評価するにあたり、一定の考慮がされております。

1.農地の種類

 ①純農地     宅地の影響を受けない農地

 ②中間農地    純農地よりも農業政策上の規制が少なく、売買の可能性が高い農地

 ③市街化周辺農地 市街地に隣接する宅地化傾向の強い農地

 ④市街地農地   市街化区域にある農地

 

実際には、国税庁が毎年公表する「路線価図・評価倍率表」の評価倍率表(一般の土地等用)に地域ごとに定められた農地の種類が記載されています。ここを見て、上記のうちいずれの農地に該当すのるか判断します。

 

2.評価方法

いずれの農地に該当するか判断した後は、その農地ごとに定められた次の評価方法により、評価します。

 ①純農地②中間農地

  固定資産税評価額×倍率

 ③市街化周辺農地

  その農地が市街化農地であるとした場合の価額×80%

 ④市街地農地

  (その農地が宅地であるとした場合の価額/㎡-造成費の金額/㎡)×地積

 

※相続税の計算における土地の評価は土地によって考慮すべき点や計算方法が異なります。

相続税の専門家による無料相談の流れ

  • STEP1

    お気軽にお電話ください

    お気軽にお電話ください

    まずは無料相談をご予約ください。
    TEL:0120-339-103

  • STEP2

    日程調整

    日程調整

    予約受付スタッフが、ご面接日を調整いたします。

  • STEP3

    無料相談

    無料相談

    約60分間の無料相談で、ご相談者様のヒアリングをさせていただきます。

  • STEP4

    個別サポートのご提案

    個別サポートのご提案

    今後の具体的な流れと、サポートできる事をご説明させていただきます。

PAGETOP